読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

Windows10でゴミ箱のゴミが大きすぎて空にできないのでコマンドプロンプトで削除する方法を使ってみた

 

ファイルが大きすぎて消せない

f:id:infob11:20160908164212j:plain

やっちまった!

こう思ったのが、ソフトで大量のゴミファイルが量産をされてゴミ箱へ。

 

しかし、ここからが大変でした。

そのファイルを「ゴミ箱」を空にするというボタンを押してもフリーズをして動かない。

セーフモードでやったのですが、ダメ。

そうだ、コマンドプロンプトならできるのではないか。

そう思ったらできました。

大きすぎるファイルが消せずに途方に暮れている方に向けた備忘録です。

 

windows10でコマンドプロンプトを起動する

f:id:infob11:20160908164556j:plain

webとwindowsを検索で「cmd」と入れるとコマンドプロンプトが出てきます。

 

f:id:infob11:20160908164702j:plain

こんな感じです。

コマンドはこちらが参考になります。

一応、ブログが止めてしまう方もいるのでコマンドだけ書きます。

rd /s c:\$Recycle.Bin
rd /s /q c:\$Recycle.Bin

このコマンドを打ち込みます。

 

ちなみに\はコマンドプロンプトに入れると¥マークなります。

その点は気にしないでやってください。

 

これで消えました。

いや~、結構消すのに苦労をしました。