読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

木村拓哉と工藤静香がバッシングされるが、そんなに悪いことなのだろうか

エンタメ
 

今や最悪のイメージとなったキムタク

 SMAP解散でA級戦犯となってしまったキムタク。

個人的には彼が悪者になっているが、見解の相違ではないのだろうか。

 

ジャニーズもイメージダウンが必至であり、この後味が悪い結末は年末に向けてどうなるのか少し気になる。

 

家庭を守ったのではないだろうか

 ジャニーズ事務所を独立をして成功をしたと思わるのが、郷ひろみと本木雅弘くらいではないだろうか。

他のタレントはなんとかテレビに出ているか、消えたか。

 

逆に事務所に残ると次から次に出て来る若手のバータで出演もできる。

よしもとで言えば、兄さん格になってイベントで何かもできる。

そして、何より芸能事務所は今までの積み上げた蓄えがある。

会社の内部留保金。

 

それで新人を育成をして稼ぐという繰り返しでしょう。

そうなると、今までスマップとして稼いだ金を年齢が上がって今後厳しい生き残りをかけて戦う。

家庭を考えれば、守りに入ったと見ていいのではないでしょうか。

 

年齢が上がって、結婚をした彼の判断は世間では悪い判断だろうが。

妻や子供からすると父親なりの決断だと考えられるのではないだろうか。

 

独身と所帯持ちの違いではないだろうか。

少しここまで叩かれると、同情する部分もある。

彼にとっては戦友だった友との別れと言っていいだろう。

それを思うと、少し泣けてくる。