読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

涼宮ハルヒの溜息 ハルヒの驚愕の力に思わずプッと笑ってしまった

読書
 

涼宮ハルヒの溜息

涼宮ハルヒの溜息

 ハマってしまった。

文体が素晴らしい。

 

一人称で語る文章で、ここまでおもしろいのはなかなかない。

さらに、最近の文字が詰まった感じではなくスペースがあるのがいいです。

 

平坦な話であるが、同時にここまで読ませるのはすごいと思った。

 

ミステリ小説の限界とほのぼの

最近、ミステリ小説を読んで羊たちの沈黙的な残虐内容が多い。

もちろん、そうではないものがあるのですが。

 

どうも、読んでいて嫌な気分になる。

小説を読んで、笑ってしまう。

 

ほのぼのしてしまう。

こんなストーリーでもいいなと思いました。

 

どこの本だったか、ハルヒはラノベの最高峰に達したという人がいたのだが。

確かにそうかもしれない。

 

出てくる語彙は決して優しいものではない。

例えば、思念体とか出てくるがコレって普通の小学生には分からない。

でも、なぜか笑える。

 

そして、分かる。

ハルヒシリーズ全部網羅したいと思う。