読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

「会社の目標を絶対に達成する「仕組み」の作り方」 会社の経営計画を達成するための方法とは

 

会社の目標を絶対に達成する「仕組み」の作り方

目標を立てたが達成ができない。

社員というものは、できれば楽して給料を貰いたいもの。

そして、個人でも目標を立てたが結果として、終わる。

こんなことがあります。

 

それを実際にまとめてみました。

 

書籍の目的

書籍テーマは目標の立て方ではなく実行する方法。

そして、それをどうやって達成するのかということのようです。

 

本の中で気になった部分を個人的にピックアップをしてみました。

 

・会社が成長しなければ、人材は流出する

・誰がやっても同じ仕組でないと意味がない

・できない理由はたった2つしかない

・具体性がなければ、それは行動とは言えない

・ちょっとずつやる環境を作る

・習慣化の仕組みがわからなければ、できない人はそのまま

・ハイパフォーマンスの行動で、目標達成に一直線

以上が個人的に気になった見出しです。

 

中身を少し考察をしてみましょう。

 

今後の人口減少には人材育成ではなく、人材開発が重要だと書いています。

内面を変えようとしても、無駄だという。

 

人ができない理由

・やり方を知らない

・やり方は知っているが、継続の仕方を知らない

 

具体性がなければ、行動とは言わない。

その方法として、MORSの法則というものがあります。

 

M Measured(計測)

O    Observable(見ること、聞くことができる)

R    Reliable(同意、信頼できる)

S    Specific(明確である)

 

マニュアルはステップで、行動を分解をして指示する。

苦手を克服する => ちょっとずつやる

 

やり方3つ

ステップ作り

→ マニュアルを具体的行動で作る

ピンポイント行動が増えているか確認

→ チェックシート

反復トレーニング

→ サブゴールを作ってちょっとずつやる

 

継続の条件

ABCモデル

 

A Anteccedent(先行条件)

B  Behavior(行動)

C  Consequence(結果)

 

行動の結果がメリットがあるものにする

構造継続のポイント

後押しする 疲れない椅子、好きなBGM

動機付け ごほうび

ハードル ハードルを下げる