読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

株式投資の勉強方法を考える!億万長者になるための初心者のコツ

 

ZAI2015年7月号にある億万長者の方法論

前田敦子が表紙なのですが、すごくかわいいですね。

写真とメイクがいいのか、わかりませんがちょっとおすすめです。

さて、この雑誌を読んでいて気になったので株式で億万長者になる方法について書きます。

 

雑誌で買っている人の8パターンをまとめてみた

ケース1 島田誠人さん 500万 → 2億2000万円

低PERに着目をして、適正なPERになった売るという方法

1銘柄100万~200万で均等に保有。

年収が1000万円の方で、悪い相場の時は休むとか。

 

ケース2 小南茂さん 350万 → 2000万円

運用期間は2年で2000万。

ノウハウとして書かれているのがネットで取引終了をして1~2時間情報収集。

二つ目は、複数単元買いの分割利食い。

ようするに、上がったら1000株持っているなら100株ずつ売るというもの。

ちょっと具体的に何を指標としているのかは不明。

 

ケース3 高羽太さん 800万 → 10億円

年齢が38歳でこのような資産ってすごい。

低PBRで買い、TOBや業務提携などイベントに乗るらしい。

底値横ばいの小型株をトレードしているらしい。

 

ケース4 RCさん 100万 → 3000万円

1銘柄にこだわり、株価を手書きして値動きを取る。

俗に言う、うねり取り。

期間は8年で、結構地道です。

記事には書いていませんが、おそらくこれをマネているなという本。

 

ケース5 高村富雄さん 1500万 → 1億2000万円

PERが15倍以下、PBRが1倍以下の割安株。

購入額が小さい株で、3回に分けて購入するという。

理解ができる株だけ買うというもの。

 

ケース6 マーシさん 100万 → 1400万円

RSIで割安。

移動平均線が長期・中期・短期で全部上向きな状況になっているもの。

長いボックスの高値を抜けたら調整時に購入。

銘柄も4~5と絞る。

やり方は、おそらく下記と似ていると思った。

ケース7 mtipsさん 1000万 → 6000万円

主婦の方のようです。

権利確定の3ヶ月前に優待株を買って、同時に値上がり益を得るという方法のようです。

これは夕凪さんのイベント投資法のようなものなのかなと思った。

ケース8 高木英太さん 3000万 → 1億円

優良大型株が安くなったら買いますという手法。

トヨタやソニーなど銘柄だけのようです。

書かれているのは、旭化成、日立製作所、トヨタ自動車、ソニーとあります。

これらを20銘柄ほど所有をしているとか。

30年かけて増やしているようなので、結構長い間やっているようです。

ただ、堅実で一番破綻がないでしょう。

ただ、ソニーが割高になって一旦売ったとあるので判断は分かりませんが何かを指標として判断をしているように思います。

 

まとめ

すごいなと思うと同時に書かれている内容はシンプルですが、問題はうまくいくかでしょうね。

最近は取引単価が低いのでいいですが、上がる株がないと含み損を抱えることになります。

どうしたものだろうかと思いました。