読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

「勝つ投資、負けない投資」片山晃、小松原周著 株式投資で勝ったという人の投資法のレビュー

 

アベノミクスで億万長者

この本を読んで、正直な感想は・・・。

微妙だなと思います。

 

明確に何をやったらいいのか、分かったようなわからないような。

一つ言えるのはアベノミクスという波に乗ることができた人はラッキーということのようです。

今後も、それが続くのかどうか。

 

レビュー

読んで思ったこと。

総括すると、トレンドに乗れるのか。

そして、小型株が大化けするように分析をすること。

 

こういったことを考えると、当たり前で得ることができる情報はあまりありません。

おそらく、邪推ですがトレードしている時に実際には情報収集をして当たったら売ると言うものだろうと思います。

 

それなら、下記の本が詳しく書いています。

戦略としては、特にオニールのような成長株主体の選別方式かなと思いました。

 

株式投資はタイミング

アベノミクスの上げ相場の時に、投資をしていたのか。

それだけだろうと思います。

 

その時に結果として、株をやっていたのかでしょう。

一旦下げたら、当分は待つことですよね。

 

数年に一度、必ず爆下げが起きます。

この時に株を買って仕込んでおくことが重要なのかもしれません。

 

しかし、塩漬け株になる可能性もあり正直言って損を覚悟でやるしかないですね。