読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

宝くじで6億円を当てる人の特徴と売り場!どうやったら当たるのか

 

宝くじってどうやって当てるのか

 誰でも宝くじが的中をしたらなと思っていると思います。

 仕事を辞めて、セミリタイアをしたいという。

 

こんな人はどうやったら引き当てることができるのか。

 

傾向と対策

 イニシャルとしては、男性

T・K

M・S

K・S

そして、男女共に名字がKの人が当たる可能が高い。

加藤さん、小林さんなどという名字なら買う価値があるかもしれません。

 

宝くじ長者で毎回何枚程度購入をしていたのか。

1位 10枚

2位 30枚

3位 20~29枚

4位 50~99枚

 

では、これをどの程度買ってから当たったのか。

1位 10年以上

2位 5年以上10年未満

3位 1年以上5年未満

 

こう考えると、10年以上毎年10枚ずつ購入をしたらいい。

そして名字がKという人。

これだけで、かなり確率が高いことになります。

 

結局は継続的に買うしかない

諦めずに購入をする。

これしかないようだ。

 

しかも、6億円が当たった人が毎年たくさんいるのですから。

年末ジャンボ宝くじや、サマージャンボ宝くじなど。

毎年たくさんの億万長者が生まれているというのは事実ですからね。