読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

訪問しないで「売れる営業」に変わる本―4年連続No.1が明かす 訪問営業が苦手な人の不動産営業マンのための本

読書
 

訪問しないで「売れる営業」に変わる本―4年連続No.1が明かす

苦手な営業をするというのは苦痛でしょう。

そんな時に、この本のタイトルを読んでどんなことをしているのか。

 

一般的にはDMやセミナー営業だと思うのが一般的ですがちょっと違いました。

方向性が違うのがいいです。

 

信頼構築をするという考え方

まず、この営業方法というのは手紙を送ること。

お役立ち情報を送るということ。

 

営業レターを送るというものです。

 

営業レター

1 アプローチレター

2 レスポンスレター

3 クロージングレター

 

特に発想の転換だと思ったのがアプローチレターとはお役立ち情報を配信するというもの。

そして、手書きで一つ一つ書いて送るというもの。

さらに、手紙形式で送るので信頼構築。

 

特に著者は家を売っていたわけで、そう安いものではないはず。

よって、家を建てる時にお役立ち。

しかも、直接ほとんど会うのではなく相手への告げるということ。

 

スケジュール

アプローチレター

1 初回接客

2 翌日 ハガキを出す

3 3~4日後 お役立ち情報1 + 自己紹介

4 10~20日後 お役立ち情報2 + 挨拶文

5 30日後 お役立ち情報3 + 挨拶文

 

これは現在のマーケティングに重要なことではないかだろうか。

お役立ち情報ではなく、いつも売り込み。

 

しかも、お役立ち情報もかなり良い情報ではないと意味がありません。

住宅業界というのは確かに不明瞭かつ、わかりにくいのでいいですね。

 

保険や車も同様ではないでしょうか。