読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

「余命3カ月のガンを克服した私が食べたもの――四季の食材と実践レシピ」 オーガニック薬膳でがんを完治させる方法とは

 

余命3カ月のガンを克服した私が食べたもの――四季の食材と実践レシピ

本のタイトルを読んで、おもしろそうと思いました。

ガン治療をしている人にはすごくいいでしょうね。

 

今、注目をされているのは自然治癒力です。

結局、薬では治すことはできないというものなんですね。

 

医食同源という考え方で癌も治るという事実か

この本の骨子として、下記のようなことをするといいようです。

 

・週に2~3回以上、魚や肉を食べて体を温める

・焼き肉を食べる時には、キムチの生野菜。寝る前に白湯

・朝の気だるさや、足の裏に痛みがある時にセロリやパクチーをジュースに入れる

・アールグレイの紅茶を飲みたい時には潜在的なストレスがある

・朝起きたら白湯。酵素ジュースを飲んで、腸を動かす

・フルーツは午後三時までに食べる

・塩の代わりに昆布を使う

・寒い朝は生野菜を食べない

・カラ咳を鎮めてくれるのは、いちごといちじくのスパイスティー

・発熱したら、冬でもトマト。ナシでもいい。

・のぼせにはアスパラガス

・りんごの香りのハーブティーで安らかな眠りに

・サクランボ、みょうがで、夏冷え防止

・秋のブイヨンには、雑穀を入れて気をゆるめる

・新月の時はセロリを食べる。これは体に痛みが起きにくくなる予防線

 

まとめ

白湯、アスパラガス、セロリ。

これがポイントのようです。

そして、朝に摂取するといいようです。

 

甘いモノはできるだけ食べないということでもあり、今の糖質制限ということにも合致しているようです。