読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

「好感度200%のマナー術」 不愉快な対応をしないように相手に話すためのマナーとは

 

好感度200%のマナー術

どのようなマナーが相手を不快にしないのか。

それをちょっと考えてみます。

 

気になり読んでみました。

 

気になったこと

読んでいて、マナー術の参考になることをチョイスしてみました。

 

黙っていても目や表情でアピールすれば十分

名刺を受け取ったら、名刺について話をする

真正面には座らない、意見が対立しがち

先方との打ち合わせは参加人数プラス3名分を用意する

訪問した側からそろそろ時間ですねと切りだす

電話では、言葉少なめに敬語を使うと効果的

無理に褒めない、見たままの事実を伝える。

 

難しい他人とのマナーの違い

マナーが悪いというのは、人により考えが違います。

例えば、今のネット企業では私服でカジュアルに勤務する事が許されています。

一方、営業の人はスーツです。

 

つまり、こういった状況によりかなり違ってくるものです。

それにくわえて、人によっては地域による違いもあります。

 

関西と関東での違いもあるでしょう。

マナーというのは難しいのですが、共通する部分は真似たいと思います。