読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

「イライラしないママになれる本 子育てがラクになるアドラーの教え」 育児ノイローゼにならために

 

イライラしないママになれる本 子育てがラクになるアドラーの教え

現代の子育て。

核家族化がすすむなかで、育児への知識が母親などから学んばものだ。

 

しかし、今では自分で学ぶ時代となったという感じだ。

それをこの本ではアドラー心理学から書いている。

 

子育てに効く心理学

子供が思い通りにやってくれない。

それに、イライラ・ガミガミ。

こういった経験があるのではないだろうか。

 

それについて、とにかく真面目な性格である人はそうなることがある。

子育てには技術が必要だというのが、この本に書かれていることです。

 

その技術とはどんなことか。

ヨイ出し、これを使うようです。

できたことや長所を褒めることです。

ダメ出しをすることはダメなのだ。

怒ってもしょうがない。

 

そうではなく、長所を褒めて子供の態度が変わるのだ。

ほめる行為と叱る行為は実は同じ。

ただ、負の部分と正の部分を指摘をしているだけの違いなのです。

 

共感とは、相手の目で見て、相手の耳で聞いて、相手の心で感じる行為だという。

つまり、子供立場になって考えてあげることだ。

 

子供を勇気づける行為

1 感謝を伝える

2 ヨイ出しをする

3 聴き役に徹する

4 相手の進歩や成長を認める

5 失敗を許容する

 

原因ではなく、目的を質問する

原因 → なぜやったの?

目的 → なんおためにやったの?

 

リフレーミングをする

今の自分を他の自分としてポジティブな視点で考える

 

すべては最善の出来事と考えるようにする。

命令ではなく、お願い口調で言う。