読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

「面白いほどよくわかる確率―身の回りの「数字」から数学思考が身につく! 」 競馬やパチンコから学ぶ確率

 

面白いほどよくわかる確率―身の回りの「数字」から数学思考が身につく!

確率を考えて、攻略をする。

数学的アプローチであり、これはすごくおもしろいなと思い本を読みました。

 

すごく面白いです。

是非、一度読んでみてください。

 

ギャンブルで勝つにはどうしたらいいのか

大数の法則。

実施回数を増やすと、数学的確率に近づいていく。

 

数多くやると平均値に近づくというものです。

この理論から言えば、数が重要ですが。

 

問題はこの分母をどの程度にするのか。

これが一番の問題だと思っています。

最低400~500を分母としたいところでしょう。

 

これを考えると、マーチンゲールは危険だとも言えます。

必ず当たるとしても、いつどこでどのようになるのかは不明。

 

危険性が満載です。

期待値を上げるようにする。

300回ルーレットを回せば当たるなら、パチンコで言えば1000円で20回ではなく40回回せる台にしようというもの。

 

そうなると期待値をいかに上げる方法があるのか。

これを見つけて、あとはできるだけ多く参加できるようになるのかという方法です。