読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

「「採用したい!」と言わせる技術」 人事のプロが教える面接力 新卒採用や第二新卒で就活するならどうしたらいいのか

 

「採用したい!」と言わせる技術

採用されない人は全く。

しかし、される人は多い。

なぜなんでしょうか。

特に日本では、新卒でどこに入るかで大きく人生が変わります。

それを教えてくれることを考えるということが重要です。

 

面接にどうやって望むのか

自己PRは商談だと思うこと。

つまり、相手はお客様だと思えということのようです。

 

確かに自分を見せるということが多いようですが。

面接官がしたい、聴きたいことを言うのが面接の目的。

自分の言いたいことを言う場ではない。

 

面接官目線

1 自社に合った人材か

2 志望動機が自社に強く向けられたものか

3 志望動機を支えるに十分な人材か

 

これは確かにと思いました。

営業なら、体力が必要で読書をしているとかどうでもいいかもしれません。

対人関係を構築をして、できるのか。

志望動機が自社に向けられたもので、八方美人になっていないか。

これはとっても重要な気がしました。

 

これを考える手順が書いてあります。

1 お客様(面接官)の立場に立って

2 必要な情報を必要なだけ

3 しつこくなく自然に、

4 「自信に裏付けられた微笑みとともに」提供すること

 

なるほど!と思いました。

確かに相手目線が欠落をしていると落ちて当たり前です。

 

自己分析の目的

1 相手が満足するあなたらしさ

2 できるだけ具体的に(時にエピソードをまじえて)

3 上手に答えて、アピールし(プラスの評価だけを与える材料を)

4 内定をもらうこと

 

まとめ

自分を売ることが重要なファクターでしょう。

これができるのか。

できないのか。

相手目線で、相手が欲しいと思う人材が何か調べてみることです。

 

大体、会社で大手なら情報が公開をされているので。

これは非常に大きなポイントとなると思います。