読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックテラバイト

ネットの便利情報やフリーソフト、プログラミングについて等をまとめる

「東大院生が考えたスマートフォンFX」田畑昇人著、FXで勝つための方法と内容を読んでみたレビュー

 

50万円を9ヶ月で1000万にした方法とは

方法論としてのFX。

株が爆上げ、円安爆発。

こんなトレンドいつまで続くのだろうか。

そんな風に考えますが、FXで勝っているというトレーダーの本を読んでみた。

夢がある話だが、どうやったのか本を読んだのでレビューをしてみたい。

 

トレードの3つの要素

本の中では3つの武器と題して、書かれています。

1 時間帯における値動きの特性

2 需給分析

3 テクニカル分析

 

1の時間はこんな感じ

東京市場

順張り 9時から14時まで(9時から14時まで)

逆張り 14時から15時まで(14時から15時まで)

ロンドン市場

順張り 16時から20時まで(17時から21時まで)

逆張り 20時から21時まで(21時から22時まで)

ニューヨーク市場

様子見

逆張り 24時から28時まで(25時から29時まで)

 

わかりやすく言えば、順張りは円安方向に動いている流れについていき。

その動きと逆行する時間帯を逆張りでトレードするというもののようです。

夏時間はこうなります。()が冬時間

 

2の需給関係をチェックする

オアンダ ジャパン

オープンオーダーとポジション

外為どっとコム

外為注文情報

トレーダーズウェブFX

FXオーダー

GI24

インターバンクマーケット オーダー状況

 

3のテクニカ分析

使っているのはボリンジャーバンド、MACDのようです。

 

確かに稼げるが、問題は時間がかかることかなと

習得に要する時間と同時に資金を失うリスクを考えるとどうなんだろうか。

結局、何かをするにも必ず時間がかかります。

 

その時間をどこまで使って習得をするのか。

これってとっても気になる部分でも有ります。